遊び方とルール 二種類

散らしどり


一番たくさん札を取った人が勝ち。

rules-chira

1.散らし取りは言葉どおり、札を散らして正しい札を取る遊びかたです。

1. 読み手以外に2人以上(二つ以上のチームや数人の個人戦)で遊びます。テーブルまたは床で遊ぶ場所の周りに集まり全ての参加者対全ての参加者“またはチーム同士の対決をします。

2. 取り札50枚をみんなでよくまぜた後、卓上または床に散らします。

3. 散らした札の周りに位置をとります。

4. 読み手が詩または詩の引用を大きな声で詠み、読み札に書いてある詩の内容を全て読みあげ、取り札が取られていない場合はもう一度黒で印刷されたテキスト(下の句)のみを詠み上げます。

5. 下の句が分かり、取り札がみつかったら読み手がまだ詠み終わっていなくても札をとります。その時とった札を読み手が詠み終わるまで周りが見える様にして、取った取り札が正しければ裏側にして自分の横におきます。

6. 詩の下の句が分からない場合は詠みを聞きながら読み手が取り札に書いてある部分を詠むまで待って取ります。

7. 取り札は自分の位置から遠くにあっても全て取れます。

8. 間違った取り札を取ってしまった場合はお手つきとなり既にとった札の中から一枚読み手にあげるか、お手つきした札を集める場所に置きます。

9. 最初に取った札がお手つきである場合正しい札を取るまで覚えていて、お手つきした分の札を返します。取った正しい取り札を読み手に渡すか、お手つきした札を集める場所に置きます。

10. 最後に2札残ったらそのどちらかを取った人が両方とも取ります。

11. 取り札を一番たくさん取った者が勝ち!

Playing tips

Divide all individuals into two teams before you start playing the Chirashidori game. When the game ends, sum up each team’s total number of cards.

This is highly recommended when you have more than 8 players. 20 to 30 players can participate and you can double the number of playing cards if you wish.

You will have a winning team and an individual winner from each team. The best individual players from each team can compete in the Finals by playing the  Genpei Gassen!

 

源平合戦 

最初に「自陣」に置いてある札を全部取り除いた方が勝ち

rules-genpei

1180年に始まった源氏と平家の戦いの名前にちなんでお互いに向き合って対戦する競技法。「競技かるた」もこの形式をとっています。

1. 個人2人または2つのチームに分かれて対戦。

2. 「お互い向き合う形」になって座るかテーブルに向かって立って遊びます。
自陣と敵陣に分かれて向き合います。

3. 対戦者達は使う取り札を裏側を上にして、よく混ぜ、各チームまたはプレーヤーとも取り札を半分づつに分けます。札を表にひっくり替えし、2-3列に並べます。自陣に並べる札は自分の方に向かせて、自分が読み易い様に並べます。自陣の札は好きな様に並べ替えることができます。読み手も読み札をよくきり、詠みの準備をします。

4. 対戦者達は始める前に静かに取り札を観察します(5分から15分)。手は札の上ではなく体の近くの机の上におきます。読み手は準備ができたら最初の読み札を詠みます。下の句を一回詠み終わってもまだ札が取られていない場合はもう一度 下の句だけを詠みます。

5. 対戦者達は詠みが始まったら知っている下の句の詩である場合は即「取り札」を探し、取ります。取り札は自陣または敵陣からどちらからもとれます。ただし、敵陣から札を取った場合は自陣から一枚取り札を渡します。

6. 取った札が正しい札かどうか対戦者と確認してから自分の横に裏返しにしておきます。

7. 下の句が分からない場合は読み手が下の句を詠むまで待ってから取り札を探して取ります。

8. 敵陣から札を取った場合は自陣から一枚取り札を渡し、その札は相手の対戦者が相手の自陣(敵陣)のおきたい場所に置きます。

9. お手つき。読み手が詠んでいる最中に間違った札に触れたり取ったりした場合はお手つきとされます。お手つきをした場合、敵陣から札を一枚もらわなければなりませんが、もらった札は自陣のおきたい場所におくことができます。「競技かるた」の場合のおてつきの説明は上級者ルールで説明します。

10. もし両方の対戦者が同時におてつきをした場合は何もおきずゲームを続けます。

11. 自陣の取り札を最初に全部取り除いた方が勝ちです。